開放感とやすらぎを感じる!上質でナチュラルなバラウエディング

あえて黄色のバラをチョイス

バラというとピンクや赤などを使ってスイートでロマンティックな演出に使うイメージがありますよね。ですが、あえて黄色や白のバラをチョイスしてハーブをミックスすることで、リラックス感のある森のウエディングをテーマにできるでしょう。クロス類はネイビーにして、バラの黄色と食器類の白で全体的にナチュラルで清潔感のある印象になりますよ。パーティ会場の入り口のウエルカムボードは、花冠のように編み上げたバラを飾って、森の教会のように親しげなイメージにするといいでしょう。自然光が差し込み、天井の高い会場が適していますよ。

ハーブの香りに包まれて

ブーケはナチュラルさの中に直線的なラインでスタイリッシュさをプラスしましょう。軽やかな花びらのバラをローズマリーで包み込めば、さわやかな仕上がりになりますよ。黄色のしべと白のリボンがアクセントになり、ハーブの香りは二人の緊張をほぐしてくれるでしょう。ブートニアも同じ花で作るといいですよ。

新鮮コーデでさわやかに

メインテーブルは花嫁側に多めに花をあしらうなど、アシンメトリーなコーディネートも新鮮ですよ。風になびいたようなゴールドの大きなリボンはアクセントになりボリューム感を出すことができます。バックフラワーは白のミニバラをたっぷりとあしらえば、二人を祝福しているかのようです。スペアミント、アップルミントなどをガーランド状にしてテーブルサイドを飾りましょう。

サムシングブルーもさりげなく

ウエディングケーキのトップには、黄色のバラと純白のアジサイを飾りシンプルなデコレーションのアクセントにしましょう。パールのように輝く大きなアラザンのトッピングは清楚な印象を与えますよ。ランダムに青い花をあしらってテーブルを縁取るといいでしょう。

京都の結婚式場では、親身な対応に定評のあるプランナーが在籍しており、演出プランなどを気軽に相談できます。