知っていると得をする!?宴会の進行をスマートにこなすポイント3つ!!

事前の確認で余裕をつくる!!

宴会によって、幹事と司会進行が掛け持ちの場合があります。自分が全て担当している場合は、流れを把握するのは難しくないかもしれません。ですが、幹事と司会進行が別の場合には、事前の確認が重要なポイントになるでしょう。

まずは、当日集まるメンバーの人数や年齢・目的にあった場所やメニューが準備されているか、幹事に確認しておきましょう。自分の担当ではないからと気を抜かず、事前の確認をして宴会場の雰囲気を知っておくと、当日の司会進行もイメージしやすくなるでしょう。

ゲスト表やタイムテーブルを把握しておく!!

司会進行を担当する場合、挨拶をする方やスピーチをする方の紹介など、他の人の名前や役職を紹介する場面が多くなります。本番になって読み方を間違えたりしないよう、人の名前や役職は正しく覚えておきましょう。

また、全体のタイムテーブルをしっかり把握して、企画が時間通りに進むよう見守るのも司会進行の役割です。特に、一度宴会がスタートすると、宴会が盛り上がってタイムテーブル通り進まなくなる可能性があります。特別な企画はしっかりと時間を考え、計画に沿って進行することが大切です。

とにかく落ち着くこと!!

宴会当日大勢の前に立つと、緊張でうまく話せなくなってしまったり、正しい敬語が出てこないなど、ハプニングも起こるかもしれません。そんな時、何よりも大切なのが慌てず落ち着いて司会進行することです。会議室のようなかしこまった場所ではないため、多少の失敗は笑いを誘ったり、その場を和ませる良い方法になるかもしれません。無理に笑いを取ろうとしたりせず、丁寧な話し方を心がけましょう。

福岡の宴会場は中洲川端付近で多く営業しています。またホテルでもこのサービスを行っているのが特徴です。